So-net無料ブログ作成
検索選択

今後5年はデフレ見込む=上場企業の成長率見通し−内閣府調査(時事通信)

 内閣府が19日発表した企業行動に関するアンケート調査によると、上場企業は2010〜12年度の3年間の成長率(年度平均)を、物価の影響を除いた実質で1.0%増、物価の変動を反映した名目で0.6%増、14年度までの5年間では実質1.3%増、名目1.0%増と見込んでいることが分かった。いずれも名目が実質を下回り、デフレ状況の長期化を予想する企業が大勢を占めた。
 一方、輸出企業が採算ラインとする為替レートは1ドル=92.9円。1年前の調査(同97.3円)からコスト削減や効率化がさらに進み、円高への抵抗力が高まっていることが分かった。
 今後3年間の従業員数は、製造業が0.3%減少と見込む一方、労働集約的な傾向が強い非製造業は1.1%増やす予定で、全産業では0.4%増となった。製造業のうちプラスだったのは精密機器や電気機器、非製造業ではサービス、情報・通信、小売りなどだった。
 調査は東京大阪名古屋の各証券取引所1、2部に上場する1032社を対象に1月15日時点で実施。回収率は42%。 

【関連ニュース
10年度は3年ぶりプラス成長=緩やかな回復、11年度も-GDP民間予測
インフレ目標導入に慎重=トヨタ問題の影響注視
政策金利を据え置き=景気「持ち直している」
電機・自動車も交渉本格化=定昇めぐりせめぎ合い-10年春闘
厚労政務官の実績、7割「分からず」=仕事ぶり伝わらず?-NPO調査

「地下水の浸食で陥没」=ゴルフ場転落事故で鑑定書−北海道(時事通信)
お祝いすると父娘仲良く? =「ひな祭り」ネット調査−カルピス(時事通信)
月1万円の賃金引き上げや定期昇給を要求へ―介護クラフトユニオン(医療介護CBニュース)
JR西幹部と接触の委員、再任せず 国交省(産経新聞)
那覇発JTA機、気圧低下表示で引き返す(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。