So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

張・新棋聖誕生、7大タイトル制覇(読売新聞)

 囲碁の第34期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)、山下敬吾棋聖(31)と挑戦者、張栩三冠(30)の第5局は25日から静岡県伊豆市の「玉樟園新井」で行われ、26日午後4時19分、白番の張三冠が247手で1目半勝ちし、シリーズ4勝1敗で棋聖位を奪取した。

 張新棋聖はこれで、趙治勲二十五世本因坊(53)以来2人目となる7大タイトル(棋聖、名人、本因坊、十段、天元、王座、碁聖)制覇を果たした。山下棋聖は5連覇による名誉棋聖称号の獲得を逃した。

 お互いに大きな記録がかかった今シリーズで、張新棋聖は故郷の台湾での第1局で勝利を収めると、精密な読みを武器に山下棋聖を押し切った。優勝賞金は今期から4500万円。

国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増(読売新聞)
医師、USBメモリ紛失 患者138人分個人情報入り 広尾病院(産経新聞)
介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明(医療介護CBニュース)
<就職>不況に泣く18の春 高校内定率74.8%(毎日新聞)
ネットは実名? 個人情報出るのは怖い(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。